大原祇園祭

 引っ越した先の在所では、県指定の無形民族文化財になっている夏祭りがある。毎年7月23日が宵宮で24日が古式祭(本宮)だ。昨日の晩と、今日の昼、お祭りを見に行ってきた。
d0034796_2383530.jpg めっちゃ立派なお祭りだー!
 宵宮は夜の9時から。神社に、頭に灯篭を乗せた人達が9箇所もの在所から集まってくる。近所の人に「宵宮は灯篭だよ」と聞いていたので灯篭流しかと思ったら、頭の灯篭をお宮さんの前でぶつけ合っていた。 d0034796_2310051.jpg 
 本宮は、子どもが頭に花をつけ太鼓を叩いてそれぞれの在所からやってくる。大人はなんかでっかいたいまつ仕立ての飾り物を担いでいる。子どもたちは、宮さんの前で行司の指示で合わせて戦っている。大人のたいまつに至っては、白装束の花道を通り抜けるのに竹ざおで殴られまくっている。松明に刺さった花が飛び散り、それをみんなが競って拾っていた。無病息災のお守りになるらしい。d0034796_23111362.jpg  

 団地っ子だった私には、祭りに参加すると言う経験がない。ずっと、お祭りは眺めるもので、自分達のお祭りというものにあこがれていた。
 で、ここに引っ越してきてそれが現実になろうとしている。でも、でも、あまりにも立派過ぎるんですー。しかも大人になってからの参加じゃ大変なことが多すぎるし、とマイナス思考気味。

 あー、でも、子どもはこの祭りに参加することになるかもしれないんだなぁ。と思うと、自分の祭りを持てる子どもになれるし良いかもしれないと思った。
[PR]
by hutan-orang | 2006-07-24 23:07 | 手作り
<< ~七三の会~素人狂言発表会 緊急召集 >>