カテゴリ:未分類( 22 )

引越し

こちらのブログ、情報量がいっぱいで更新できなくなったので新設しました。
リンクを貼ってくれていたかたお手数ですがこちらに変更お願いします。
http://hutanoran2.exblog.jp/
[PR]
by hutan-orang | 2009-09-04 21:13

気がついたらもう6月も終わりかけ(><)

d0034796_21523332.jpg

はっはやい(><)早すぎる。6月も色々あったのに日記にかけないまま日々がすぎていくよー。
気がつけばセイちゃんは明日で5ヶ月に突入!4カ月10日で寝返りし、今はもうゴロンゴロン最近なんだか前に進もうと言う意欲が見られます(そんなに急がなくていいって・・・)

6月のトピックス
6月7日北小松の山岳センター人工壁で山の会主催のクライミング体験教室。約1年ぶりにフリークライミングをした。行くまでは登らないつもりだったけど、結局3本も登ってしまった。登れたことにも我ながら感心した。最後の1本は、ギリギリ登れたのでめちゃ気持ちよかった。
6月8日
余呉の野良師のところに(ブログリンクしてます)田植え体験をさせてもらいに行った。とても良い天気でとても気持ちよかった。炊き立てのかまど飯を食べて満足したあと、なまぬるーい泥の中に足を入れて友達とお話しながら稲を植えた。なんかすごく心が晴バレーとした気分になった。子どもたちにも泥体験を・・・と思ったけど用水路で水遊びが気に入ったようで全身びしょぬれで遊んでいた。
6月11日
仕事でであったボランティアグループからの呼び出し。つつじの挿し木の方法を教えて欲しいと言われたので子ども二人連れて行ってきた。会発足20周年記念につつじの記念植樹をしたいから挿し木をして苗を育てると言う。記念植樹なんて買ったものばかりだけど、「そこにある植物から増やしたものなら植樹してもそんなに自然を壊したりすることにならないかと思って」なんていって、絶対育てます~という。ほんとに地道ーな活動をずーとつつけておられるグループで、この会のリーダーのおばさんに頼まれるとなぜだか嫌といえない。すごーく良い人なんだよなぁ。。。
6月14日から21日まで
タロちゃんが発熱して、家に缶詰。結局中耳炎になっていてすごく大変だった。これで、1週間が消えてしまい
いつの間にやら6月も終盤。
[PR]
by hutan-orang | 2009-06-22 22:28

40

先週の日曜日、食いしん坊な友達が3人夕方から遊びに来てくれた。
美味しいものをたくさん持って。夜は鍋を作ってくれた。
とても楽しかった。そんなときなのに、なんだか体が動かないし、頭が痛い。きっと午前中たくさん花粉を浴びたせいだと思っていた。でも、みんなが帰ったあとこれはなんだかおかしいと思って熱を測ってみたら、39.5度もあった。
そしてそれから、4日間も39度から40度台の熱を出して寝込んでしまった。
インフルエンザではなかろうか?と医者に行ってみたら、めんぼうを鼻に突っ込まれ鼻水を採取して検査したあと「99.9%インフルエンザではありません、ただのウイルス性の風邪です」と言われた。
せきも鼻水もなく、ただただ激しい頭痛と関節痛と腹痛そして高熱。これが風邪?
人生初の40度台発熱。39度台はまだ起きられるけど、40度台になると起きることができないと言うことがわかった。どれだけ母乳を上げても赤ちゃんにも移らないような風邪ウイルス。よっぽど私の免疫力が落ちているってことか。。。発熱前の一週間ほどほとんど寝られなかったからなぁ。病気は体が休めって言うサインだ、なんてよく言うけどあんなに体中痛いと苦しくてちっとも休憩になんてなりはしない。痛いって苦しい、世の中の通風とかリュウマチとかの人はほんとに苦しいだろうなと思った。
熱が引いたらうそのように痛みも引いた。
自分の体力が地の底まで落ちている気がしてがっかり、だけどちゃんと治ってよかった。
友達に「疲れが出たんやで」と言われた。なるほど、こうゆうのが疲れが出たって言う症状なんだなと思った。
もっともっと欲を捨てて、できることもやらない、くらいがいいのもかもしれないなぁ。と思いつつ、元気になったら遊んでしまうのが私だろうなと思う。
[PR]
by hutan-orang | 2009-03-07 16:27

棟上げを見に行った

d0034796_13395296.jpg

家は買うものではなく、建てるもの。

マイミクきょろちゃんのおうちはまさしくそんな風にたったと思う。地元の木で人が手で刻んで木の香りのするお家。
でも、設計は自分たちの生活に合わせた現代風のデザイン。
生活の夢と子どもたちへの健康と環境へもこだわり、
それらを考えて建てたお家だそうで。

ちなみに木材は甲賀の木を使っているそうです。

私自身は、中古派ですが木のおうちの
棟上の現場を見るのは大好きなので
見学しに行って来ました。。
写真だけでは分からない木の香り
材の美しさを楽しんできました。
詳しくはこちら、きょろちゃんのhp
[PR]
by hutan-orang | 2007-03-29 13:40

お宮参り

日曜日にお宮参りに行ってきました。
 前日に降っていた雨もやみ、太陽も見えてきた。遠くからきてくれたお義母さんとオットセイと私と豆タロさんみんなが綺麗なカッコをして神社に向かう。車を降りてみたら案外寒いので豆太郎さんを毛布に来るんで拝殿前に行った。すると、お払いをするための椅子が置いてあるところは屋根しかないふきっさらし!しかたないので毛布でくるんだ上から着物をかぶせることにした。おかげで豆タロさんはスヤスヤおねむり。
 神主さんがやってきて、では始めますと言い拝殿に上がって、いつもはおろしているすだれを上げて拝殿の中を開いた。出てきた大きな鏡に向かってお祈りを始める。椅子に坐って静かに神主さんの言葉を聞いていると、不思議に心が静まってきた。拝殿の奥には鎮守の森があり、心地よい風がふく。私は、宗教は持っていないけどやおろずの神は信じている。お祈りの間、森の気を感じるように意識してみた。そして、豆タロさんが元気に成長するよう私もお祈りした。
 思ったより、すがすがしい気分になれて良かった。
d0034796_11131784.jpg

[PR]
by hutan-orang | 2006-12-11 10:24

ベビーマッサージ

水曜日にベビーマッサージなるものを習いに行った。赤ちゃんの全身マッサージ。ふれあいが一番の目的らしいが、その効果がいっぱいあるらしい。案内書によると
①子どもの生きる力を引き出します
②親子の絆を深めます
③愛と信頼の人間関係を育て対人関係能力や社会性を高めます
④育児に自信とゆとりをもたらします
⑤夜泣きがなくなります
⑥赤ちゃんの発育が良くなります
⑦心の原型となる感覚感性を育てます
⑧赤ちゃんの運動機能が高まります
⑨抵抗力.免疫力が高まります
⑩消化機能が高まります
⑪皮膚が丈夫になります
⑫赤ちゃんの呼吸が深まります
⑬赤ちゃんに幸福感をもたらします
⑭赤ちゃんの将来に良い影響を与えます
⑮自信に満ちた賢い子に成長します
⑯バーストラウマを癒します
半分くらいは同じことを言葉を変えていってるように感じるが、どうやら素晴らしい効果をもたらすらしい。ベビーマッサージをしたからといってみんながみんな自信に満ちた賢い子になるとは思えないが、とりあえず良いような気がする。
2日やってみて、うんこがよく出るようになった。昼間でもよく眠るようになった。やたらと笑うようになった。・・・気がする。
赤ちゃんの肌はすべすべで、私はとても気持ちがいい。私の情緒にも良いような気がする。
[PR]
by hutan-orang | 2006-11-10 23:11

臍ヘルニア

10日ほど前から豆太郎のへそがふくらんできた。それはどんどんふくらみもうこれ以上ふくらまないだろうという感じになってきた。さすがに不安になってきたので子ども病院.comで質問してみたところ「臍ヘルニアだと思われるので病院で見てもらったほうがいい」とレスがあった。とにかく、病院に行ったほうがいいらしいので、連れて行った。
 お医者さんは、ちらりと臍を見て「あぁ」とつぶやき、「大丈夫ですよ、1歳までにはほとんどの子が治りますから心配しないで様子を見てくださいね」といわれた。もっとふくらむかもしれないとも・・・。
 とにかく、心配がなくてよかった。でも、出べそを見るたびに押したい衝動に駆られるのだけど、お医者さんに押しても良いかどうか聞くのを忘れてしまった。
[PR]
by hutan-orang | 2006-10-30 15:56

たぬき来訪

d0034796_16511014.jpg 弱ったタヌキがやってきた。若い女性が毛布にくるんで抱いている。「道路脇の溝で動かなくなっていたんです」 うちには、怪我をした野生動物が一時的に運び込まれ、野生動物を扱ってくれる動物病院に連れて行くことになっている。(普通の動物病院では断られます)4つ足の動物で人間に抱かれてやってくる動物は、たいてい助からない。でも、このタヌキ妙にきれいだなぁ。若いし、怪我もしていないし。何で動かなくなったのだろう??とはいえ、動かないので檻に入れて一時あづかりしていたら、d0034796_1713540.jpg「キャー」事務所内に叫び声が響いた。事務の女の子が固まって、立ちつくしている。「たっったぬきが・・・檻から出てますー!」なんと、檻のふたをちゃんと閉めていなかったらしい。タヌキは立ちつくしている。もうろうとしつつ、必死に逃げようとしているらしい。でも、また抱き上げてあっさり檻に収まってしまった。やっぱ助からないのかなぁ・・・。
 病院に連れて行ったら、タヌキさんはどうやら脳しんとうを起こしていたらしい。交通事故で、頭を打って溝にうづくまっていたのだろう。しばらく療養して、森に返されることになった。よかったよかった。
 それにしても本当にたくさんの動物が道ばたで死んでいる。里に下りて畑を荒らす動物も異常に増えてきた。本来摩擦を嫌う動物が人を襲い始めている。本当に心配なことだ。動物と人間がうまく一緒に住めるようになるにはどうすればいいだんろう?豊かな森を取り戻すこと、動物を知ること、優しい街づくりをすること・・・。
[PR]
by hutan-orang | 2006-04-14 17:49

森づくりフォーラムin湖北

d0034796_1332714.jpg 湖北の森のこれからを考えることをテーマに、型どおりの基調講演とパネラー数名によるパネルディスカッションという構成のフォーラム。このパネリスト達がなかなか個性派揃いで湖北にも(失礼ながら)こんな人材がいたのかと思わせてくれるような人たちばかりだ。でも、それを実感してなかなか面白いなと思ったのは、別の日に実施した事前打合せのフリートークの時で今日のディスカッションでは、それぞれ半分くらいしかオーラがでていなかった。話の展開は、始終暗い方向へ進み、結局、湖北の森林の抱えている問題を列挙するだけにとどまってしまった。
 聞きに来てくれたcozyに「湖北の森林に明るい未来はないのか?」と言われたのはなかなか辛い指摘だった。どんな森林、どんな社会が「明るい未来」なのか、未来像すら描けないのが現状なのだから。
[PR]
by hutan-orang | 2006-01-28 22:01

めんそーれー

            
Photo by (c)Tomo.Yun
写真はイメージでっす!
 昨夜は、楽しい夜だった。長浜の沖縄料理店「めんそーれー」。cozyのブログで知った余呉の野良師と7本槍、面白そうな人たちなのでcozyに「紹介して!」とねだっていたら、オフ会を開いてくれた。感激!!思った通り、面白い♪ お酒を飲むとトーンダウンしてしまう私は、もったいないので禁酒を決め込み、かわりに大酒の飲める女友達を連れて行った。持つべきは友、そして新しい出会いにかんぱーい。楽しい時間はあっという間に過ぎ、知らぬ間に終電の時間だった。もっといっぱい話したいことがあったので、今後の発展がありますように!
[PR]
by hutan-orang | 2006-01-27 11:30