カテゴリ:美味な食べ物( 53 )

甘酒

d0034796_23335125.jpg

甘酒はかなり好きなのですが、缶入りとかレトルトとか
のはいまいち好きでなく、お正月に神社で売っている麹とお米で作った
甘酒をいつもとても楽しみにしています。
甘酒なんて自分で作れると思ってなかったのですが
漫画を読んでいたら、作り方が書いてある。
実に簡単。そして主人公の女の子がとてもおいしそーに飲んでいる。。。
-作って飲んでみたい。
友人のお母さんは味噌作りを人に教えるような達人。
麹も自分でおこしていると聞き、麹を分けてもらえた!(^^)!
甘酒は江戸時代の栄養ドリンク。
今でこそお正月を始め冬に飲まれる飲み物ですが
江戸時代は夏に「甘酒~」と豆腐屋よろしく売り歩いてたそうで。
夏ばて予防に大変効いたそうです。
まあ、お米の栄養が分解されて消化に良くなってるだけじゃなく
麹菌の醸しによって様々な栄養がたっぷり含まれているらしい。
でもやっぱり冬に飲みたいよねー。
できたての甘酒は、うみゃいーーーー(><)
飲んでしばらくたった今もおなかがほこほこしてます。
(材料)
お米1カップ 麹1カップ
(作り方)
お米をおかゆにする。(冷ご飯からおかゆにしても良いです、今回私は冷ご飯からおかゆにしました。)できたおかゆを50~60度まで冷まし、麹を混ぜる。保温ポットに詰めて半日置いたら出来上がり!
もちろん、麹から作ったら簡単ではなくなってしまいます(^^;)
友達のお母さんありがとう。
[PR]
by hutan-orang | 2008-01-21 23:34 | 美味な食べ物

名づけて沖縄パン

d0034796_14341848.jpg
 
 オットセイが沖縄に出張したお土産に紅芋の粉と黒砂糖を買ってきた。
早速パンを焼いてみる。わたくし最近パン焼きの腕が上がり、とてもおいしく焼けるようになりました。早速、いただきまーす。
 あれ?なんかアルコール臭がする。なぜだ?
 天然酵母パンを焼き始めた当初は、お風呂のお湯で保温発酵していましたが、今は室温で丸一日発酵させています。長い時間かけて発酵させる加減で、少し多い目に入れた黒砂糖がアルコール発酵したのかな?
 ま、沖縄パンって名づけたんだし泡盛入り気分でってことにしようかな(^^;)
[PR]
by hutan-orang | 2007-04-27 14:42 | 美味な食べ物

料理教室

d0034796_23541119.jpg今日は1ヶ月以上前から予約していたレストラン月の庭の料理教室。
雑穀と野菜料理の教室です。
料理教室はレストランの方とは別の古い民家でやっています。
小さな台所だけど、素敵に機能的に整理されてて台所の雰囲気にまず感激。ああ、美味しそうなものができる感じがする。

本日のメニューは
餅キビの大根餅→雑穀のうまさに感激!ああ、やっぱりもち系の雑穀の方が美味しいなぁ 
セロリと高野豆腐の炒め物→味付けは塩だけ、目からうろこの美味しさ 
高野豆腐の一口カツ→これが高野豆腐ですか?!良質な材料はうまいものの基本かぁ。 
くるみ入り粟粉のスコーン→超簡単、ノンシュガーおやつ。外はさっくり中はしっとりうううーまい

どれも簡単でシンプルな調味。調理時間も短い。すばらしい。
でも、一番素敵だったのは、食事タイムとその後のおしゃべりタイム。食を通して女性の健康や環境や人との関わりの話など文字で書くと堅そうな話なんだけど、なごやかで楽しくお話が出来ました。アーこうゆうのがサロンって感じなんだなぁと思いました。
d0034796_23583724.jpg
[PR]
by hutan-orang | 2007-03-24 23:58 | 美味な食べ物

手前味噌

土曜日に政所で味噌作りを教えてもらいに行ってきました。
前から味噌は作りたかったけど、なんとなく手がつけられてませんでした。本で作り方とかも調べて知ってはいますが、やっぱり実際に見てみたいと思って実家の味噌作りに合流させてもらうことにしました。
d0034796_22515230.jpg豆を5・6時間煮ます

d0034796_2253325.jpg豆をつぶして麹と塩と混ぜます。

d0034796_22535554.jpgでっかい味噌団子を作ります。

d0034796_22545284.jpgたるに詰めてフタをして後は半年寝かせるだけ

細かいところは省略してますが、基本的にはこれだけ。いたって簡単。むかしの料理ってシンプルで簡単なんだけど、だからこそ奥が深い。塩加減とか水加減とか材料、果てはその年の気候とかで味が全然違うそうです。来年は自分ちで作ろう。そして、いつかは自分で作った豆で味噌ができるといいなぁ。
[PR]
by hutan-orang | 2007-02-05 22:56 | 美味な食べ物

自家製酵母パン その2

d0034796_13383551.jpg小麦粉に砂糖と塩を少々入れ、酵母液を入れてこねます。昨日2枚目の写真の液です酒粕の液なので真っ白ですね。

d0034796_13401516.jpgこねあがりました。三重県産地粉を使っているので、強力粉ほどこねるのに時間がかかりません。

d0034796_13415627.jpgさて1次発酵です。液体酵母を直接粉に混ぜた場合、この1次発酵に時間がかかります。12時間から16時間。25度前後で温めなければいけないので、お風呂の残り湯にパンを浮かべて一晩置いて発酵させます。入浴中のパンです。

d0034796_13461474.jpg朝起きて、見てみたら!おーまいが、酒粕酵母の威力を甘く見すぎていました。お湯の温度が低いので15時間置いたところ、発酵が進みすぎてしまいました。さっさすが吟醸してやられました。

d0034796_13484771.jpgまっ、気にせず次に進みます。空気抜きやベンチタイムをへて、成型し2次発酵に進みます。やはりここでも酵母の威力を感じます。そして、常に酒かすというより"お酒"のいい香りが漂っています。

d0034796_13522329.jpgイエイ!焼きあがりました。なんか白いので焼きたりないかと思って10分ほど長く焼いてみましたが、これは酒粕の成分のようです。食べてみると、この白いところがほのかにチーズっぽく香り、カリカリというかバリバリというかなんともいえず美味いです。もちろん中はもっちりです。

d0034796_13551141.jpg本日のランチ!焼きたてパンでお昼にしてみました。昨日のりんごパンも出して味比べです。ドライフルーツ入りもなかなかいけました。
明日は、昨日の3枚目の写真で仕込んでいる種を使ってパンを焼いてみることにします。
[PR]
by hutan-orang | 2007-01-26 13:44 | 美味な食べ物

自家製酵母パン(酒粕編)

 少し前に”パン焼機が欲しい熱”にかかり、各メーカーを調べかなり迷っていた。毎日の焼きたてパンあーすてき・・・でも、よく考えてだした答え「無いと作れないならその機械は買う。でも、あって便利なだけなら買わない」ということで、パン焼き機は買わないことにした。でも、パンを作りたい熱はひそかにくすぶっていた。

 どうせ作るなら、天然酵母パンでしょう。と調べていたら、なんと酵母そのものも自分で作れるらしい。さっそくりんごでやってみた。でも今回は、折りよく、木ノ本町酒蔵七本槍にで、「純米吟醸酒粕」を買うことが出来た。これはすばらしい!今回これで、自家製酵母パン作りを記録することにします。
d0034796_13595369.jpg酒粕を小さくちぎってビンに入れ水を入れます。1日1回かき混ぜて置いておくだけ

d0034796_1483388.jpgさすが!絞りたて!!通常酵母菌が活性化するのに4日ほどかかりますがたった1日で起きてきました。すごいいきおいでシュワシュワいってます。いい香りがします。この液を使って直接パンを焼くことも出来ます。本日、挑戦してみます。

d0034796_14124914.jpgでも、それとは別にちゃんとしたパンを作るためにもう少し手をくわえます。出来た酵母液と小麦粉を同量まぜて丸1日置きます。明日になってようやく、パンを膨らませる元が出来上がります。
続きはまた明日。
[PR]
by hutan-orang | 2007-01-25 13:53 | 美味な食べ物

製粉

d0034796_9185916.jpgやってみて初めて分かる大変さでございます。穀物を種をまいてから食べられるようにするまでをすべて手作業でやった時、何が大変かって収穫した後が大変でした。乾燥・脱穀・製粉。ながーい作業でした。夏の暑い夜にテレビを見ながら石臼をまわしました。たった1回分の小麦をひくのに3日かかりました。で、昔の人はどうしていたか調べてみた。すると、米の粉は一度洗って半干にし石臼でつけば簡単に粉になるようです。が、しかしその他の雑穀などはというと・・・。昔は各村に粉引きやさんがあった、と書いてあります。そっそんなー、ダッシュ村では水車小屋がありましたね。うーん、そうか~やっぱ調整作業って大変だもんなぁ。ということで!わが家も製粉屋さんを導入することにしました。18年の夏に取れた自家製小麦です。製粉機に入れてスイッチON!たった一分で全粒分の完成です。すっすばらしい、悲しいような嬉しいような複雑な気分です。でも、おかげで楽しく自家製小麦を食べることが出来きそうです。d0034796_10131229.jpg
[PR]
by hutan-orang | 2007-01-08 09:19 | 美味な食べ物

再びハマチ

d0034796_14591642.jpg
オットセイが再び釣りに出かけた。そして、再び山のようにハマチを釣ってきた。ぶつ切りにして冷凍にすれば簡単だけど、ハマチだらけの冷凍庫に飽きてしまった.
ということで、水煮のビン詰めと「魚のピクルス」に挑戦してみた.すっぱい魚・・・果たしてどんな味になるのだろうか?
参考図書
材料 魚1キロ 酢1リットル 玉ねぎ500g 塩小さじ5 カレー粉大さじ1 ターメリック小さじ1しょうが2.5センチ角 とうがらし ローリエ 
つくり方 魚を5センチ角に切って塩を振りフライパンで焼く。玉ねぎをスライスして各種スパイスと酢で煮る。魚と玉ねぎを交互にビンに詰め、玉ねぎを煮た酢を沸騰させてビン一杯に注ぐ。ふたをして出来上がり。
[PR]
by hutan-orang | 2006-11-21 22:55 | 美味な食べ物

手巻きサンドイッチパーティ

 昨日は、職場の女性陣がお祝いに来てくれた。着くなり、赤ちゃん抱っこ大会!!
 おおっ、奪い合いが始まるのでは?という勢いでした(笑)タロさんもごきげんさん、一生のうちで一番モテモテの時期だね。
 ひとしきり抱いて、お昼ご飯。みんなでわざわざ持ってきてくれた。感謝感謝。「手巻きサンドイッチしよう!」と美味しいパン屋さんでパンを買ってサラダとか作ってきてくれました。感激です。手巻きサンドイッチなんてありそうでやったことなかったのでとっても楽しくておいしかったなぁ。たくさん食べ過ぎて、夜体重計に乗ったら1キロ増えてた・・・。
 みんなが遠くからわざわざきてくれたのもすっごく嬉しかったし、もう一つ嬉しかったのは、上司がお祝い+お手紙をくれたこと。来てくれたり、お手紙くれたり、ホントに恵まれた職場で働いてたんだなぁと気付かされ、みんなが帰った後も一人感慨にふけっておりました。
 育児しながら働けるのか本当に不安になってしまうことがありますが、復帰していい仕事がしたいなぁとも思います。そんな時、こんな良い人たちと仕事してたことを思い出すと、やっぱりできる限り頑張ってみようと勇気付けられます。タロさん、丈夫に育ってね。両親が仕事して犠牲になるのは子どもなんだよなぁー。
d0034796_12292884.jpg

[PR]
by hutan-orang | 2006-11-04 12:31 | 美味な食べ物

ハマチとホウボウ

d0034796_20562827.jpg

オットセイがひさびさに釣りに出かけた。ハマチ20匹、カンパチ1匹、ホウボウ1匹。
カンパチとホウボウを刺身にして食し、ハマチは今後の食材とすることにした。引っ越したせいで、持っていって食べてもらえる友達がいない・・・。で?どうやって食べるのかって?実は、前日に100リットルの冷凍庫を買ったんです。
何も入ってない冷凍庫を前にして、「あれ?冷凍庫カラッポやなぁ、魚でいっぱいになるはずやんなぁ」とプレッシャーをかけておいた。
見事に魚でいっぱいにしてくれたオットセイに感服。うーん、すばらしい。
ちょうちょみたいなお魚ホウボウは、とっても美味しい魚です。
d0034796_215495.jpg
d0034796_2162319.jpg
[PR]
by hutan-orang | 2006-10-26 21:06 | 美味な食べ物